<<HOME 木材販売テーブル・座卓木の知識作品例FAQご利用案内お問合せ
 作品例 製作順
・作品例  1〜 30
・作品例  31〜 60
・作品例  61〜 90
・作品例  91〜120
・作品例 121〜150
・作品例 151〜180
・作品例 181〜210
・作品例 211〜240

・作品例 241〜270

・作品例 271〜
 ここでご紹介している作品は、販売商品ではありません。
 

 屋久杉の衝立 作品例 38  

◆ 奄美大島にお住まいの岸田さんが作られた屋久杉の衝立です。◆
(2002/04/24)
◎岸田さんのコメント

屋久杉衝立の説明です。 脚は、ユス(学名 イスの木)で作りました。 屋久杉が反っていた為、屋久杉のセンターを出して、 センターから左右20cm(合計40cm)のホゾ(幅5cm長さ40cm深さ3.8cm)を作り 脚に乗せて脚に墨を入れルーターで、ホゾ穴(幅5cm長さ40cm深さ4cm)を掘り込み収めました。 脚のユスは、長さ80cm厚み13cmなのに50`位の重さがあります。 屋久杉の高さは2m20cmで、組寸法は2m39cmに仕上げました。 ウレタン塗装で、シーラー・中塗り5回・仕上げクリアーの7回塗りです。 艶は五分で、色は屋久杉も脚も付けていません。 土地柄、高温多湿なので反りや割れを恐れ、ウレタン塗装に決めました。 また、古木(倒木?)なので、これ以上朽ちるのを防ぐ為の厚塗りです。 最初から、設置場所がコーナーと言う事だったので、衝立の裏のデッドスペースを逆に活かし(衝立の裏と壁との間を当て木で固定)、屋久杉の立て位置を 脚の後部にして、前の方に陶器でも飾れるスペースを作りました。 衝立と言うよりも、オブジェ風に仕上げました。(天井ギリギリです)

屋久杉材料の紹介
←作品例37へ 作品例39へ→



■ 作品例 制作順
・作品例 1〜30 ・作品例31〜60 ・作品例61〜90 ・作品例91〜120
・作品例91〜120 ・作品例121〜150 ・作品例151〜180 ・作品例181〜210 ・作品例211〜240
・作品例241〜270 ・作品例271〜      



トップページへウッドショップ関口 下バナー ウッドショップ 関口
群馬県甘楽郡下仁田町下仁田476-1
TEL:0274-82-2310
FAX:0274-82-4123
定休日は水曜日です。(詳細)
<<HOME 木材販売テーブル・座卓木の知識作品例FAQご利用案内お問合せ