HOME木材検索木材販売木材販売2テーブル・座卓木の知識作品例FAQご利用案内店舗案内お問合せ
木目イメージと特徴
・国産針葉樹 杉
・国産針葉樹 松
・国産針葉樹 その他
・国産広葉樹 ア
・国産広葉樹 カ
・国産広葉樹 サ
・国産広葉樹 タ
・外材針葉樹 ア〜ナ
・外材針葉樹 ハ〜
・北米北欧広葉樹
・ヨーロッパ広葉樹
・中南米広葉樹
・南洋広葉樹
・アフリカ広葉樹
・その他の地域
 国産材用途と性質
 木の知識
・木材の名称
・木材について 狂い
・木材について 割れ
・木材の乾燥と含水率
・杢
・木材資源について
・木について-針葉樹-
・樹木のコミュニケーション
・木の性質と使い方1
・木の性質と使い方2
・吸湿性のある素材
 
このページは樹種などの説明ページですので、取り扱っていない商品もあります。
 
科目 ブナ科コナラ属 広葉樹  
色調 心材と辺材の区別が不明瞭で黄褐色から淡褐色を示す。
特徴 輪の境は割合はっきりわかる。
その 組織構造はアカガシなどの常緑カシ類とほとんど同様で、この点については常緑ということとともにカシ類の中に入れて扱ってよいように思われる。
材もきわめて重くて硬い。
平均的な気乾比重の値としてあげられているのは0.99程度であるが、1を越すものも少なくない。
そのため加工はきわめて困難である。
用途 材は他の常緑カシ類とほぼ同じように使うことができるが、ふつう大きな樹が少ないので小器具と、その材の硬さをいかした特別の用途がある程度で一般的な木材とはいえない。
すなわち櫓枕(ろまくら)・櫓 頸(ろくび)・舵(かじのような和船具、車両、農具、足駄歯、槌、杵その他の小器具など に賞用された。
また椎茸榾木(ほだぎ)にも使われる。
ウバメガシ材の利用の本領はむしろ薪炭材にあるといえる。
和歌山県で作られるウバメガシの白炭(堅炭)は備長炭(びんちょうず み)と呼ばれ、炭のうちでも最も硬く火力が強くて持続性がある、うなぎ の蒲炊に最も良いものになっている。

参考文献 (かなえ書房 木の事典)

材料   


 

トップページへウッドショップ関口 下バナー ウッドショップ 関口
群馬県甘楽郡下仁田町下仁田476-1
TEL:0274-82-2310
FAX:0274-82-4123
定休日は水曜日です。(詳細)
HOME木材販売木材販売2テーブル・座卓木の知識作品例FAQご利用案内店舗案内お問合せ